診療方針

HOME > 診療方針

診療方針

当院では「お薬による治療」と
「カウンセリングによる治療」それぞれの
いい所を組み合わせた治療を意識しております。

心療内科・精神科での治療の基本はお薬による治療です。
お薬による治療の目的は患者様がお困りの症状を抑えることです。

しかしながら、抗うつ薬や睡眠薬などの心療内科・精神科で処方する薬は、副作用が強い、依存してしまうのではないか、といったイメージをお持ちの方も多いかと思います。確かに以前はそのような副作用の強いお薬もありましたが、現在では様々な種類のお薬が発売され、副作用も少なく安心して飲んでいただけるお薬の方が多くなってきています。

当院でもお薬を処方しますが、症状や生活環境、また副作用にも最大限配慮し、負担なく治療を続けていただけるよう、専門の医師が患者様お一人おひとりに合わせたお薬を選びます。

また当院ではお薬による治療だけでなく、カウンセリングも組み合わせた治療を行っています。カウンセリングの目的は、ストレスなど、症状の原因に上手に対処する方法を身に着けていただくことです。お薬だけでなく専門的なカウンセリングによる治療をうまく組み合わせることで、症状が治まった後の再発を防ぐことができます。

カウンセリングについて

当院では臨床心理士による
専門的なカウンセリング(心理療法)を
治療の一環として実施しております。

心理療法による治療はお薬とうまく組み合わせて行うことで、治療効果の向上が期待できます。
例えば、うつ病に対してお薬による治療だけによって症状が改善する人は5割~6割と言われていますが、薬物療法に加えて心理療法を併用すると、症状の改善率が7割~8割に上がることが報告されています。

またストレスなど、こころの病気の原因への対処法を身に着けることで、症状が再発しにくくすることもカウンセリングの目的としています。

森ノ宮メンタルクリニックでは、医師が必要と判断した場合、カウンセリングは無料で実施しています。なお、カウンセリングは国のガイドラインに基づき、一回30分を目安に行っております。

※当院におけるカウンセリングは単なる悩み事や相談事(例えば恋愛相談や家族との関係性、職場の悩み事など)をする場ではなく、あくまで医師の診察に付随した保険診療における治療の一環として行っております。カウンセリングだけを希望される場合は、基本的に自費診療となりますのでご了承ください。